9月20日18時〜「もっとトリを知る。Tori Food Thinking! 」 ~ダチョウの伝道師と一緒に鶏とダチョウ肉のローストチキンを食べよう編~@銀座ファーマーズラボ

 
今回は特別ゲストとしてオーストリッチエヴァンジェリスト(ダチョウの伝道師)、加藤さんをお招きし、ダチョウとの出会いから感じた世界の穀物危機、環境問題をお話いただき銘柄鶏とダチョウのローストチキンの食べ比べをする「見て・考え・味わう」食育ワークショップ。
 

普段の買い物ではなかなか気付くことのない、トリを取り囲むさまざまな問題点。

楽しく、おいしく、トリの今とこれからをお話します!

<イベント内容>

①自己紹介
②トリの教科書を使った講座
③ダチョウについて考える講座
④鶏とダチョウのローストチキン食べ比べ
⑤レシピ情報の提供など懇親•質疑応答

<参加費> 食事付き
大人:3000円
子供:1000円
※小学生以下無料
※要筆記具

<日時>

2015年 9月 20日 日曜日
18時〜19時30分 (受付 : 17時45分)

<特別ゲスト>
■加藤貴之
オーストリッチエヴァンジェリスト
株式会社Noblesse Oblige代表鳥締役ダチョウ。
福島出身で旅好きの祖父と鹿児島出身の母の血を受け、幼少期から様々な食文化、食材に触れる環境に生まれる。大学では西洋中世史、フランス騎士道を専行する。たまたまフィリピンの孤児院を支援するNPOの活動に触れ、国際協力の世界を垣間見る。大学卒業後”価値あるものを世に知らしめる仕事”として広告業界へ進むが、3.11の震災で仕事が停止してしまい環境と社会が非常に密接に繋がっていることを痛感する。こうした世界の問題への関心を深めた折、ダチョウとの出会いを果たし、それが持つ可能性の大きさと現状との乖離を知り、ダチョウの可能性を世に知らしめることを業とすることを決意する。 2012年1月、ダチョウの伝道活動及び国産・高品質のダチョウ肉を厳選し個人向けに展開する事業Queen’s Ostrichを開始、レストランやホテル等への卸販売やEコマース、商品開発やPR活動、牧場立ち上げ支援など、多方面からダチョウの魅力を日々伝道している。 2014年5月よりダチョウ肉だけでなく、鹿肉等社会問題に貢献する食材オルタナフードの販売も開始、オルタナフードの普及プロジェクト「オルタナティブフードパーティ」を開始。今に至る。

イベント